[雑記:0003] 第一級海上特殊無線技士(H20.6.7)

2008.06.07

本日(平成20年6月7日),第一級海上特殊無線技士(通称:一海特)の資格を取得しました。

s20080608003041[1]

同資格は,船上保守をしないGMDSS対応の漁船の船舶局,商船が装備した国際VHF無線電話などの無線設備の操作を行う場合に必要です。
商船・漁船の船長・航海士,海上保安庁の職員などが,主に同資格を保有しています。

海事代理士は,船員及び船員の資格に関する手続がその取扱業務の一つとされています。
そして,その手続を行う以上,それら自体及びそれらの資格の業務内容,ひいては船舶一般に関して精通していなければならないと言っても決して過言ではありません,
そのため,今回,この資格を取得するに至りました。

試験科目には,

(1)無線工学(無線設備の取扱方法など)
(2)法規(電波法令,国際電気通信連合憲章・同条約など)
(3)英語
(4)電気通信術(欧文通話表による送話及び受話)

があります。

中でも,(4)の電気通信術では,「欧文通話表」をスラスラ使いこなすことができなくてはなりません。
同表によって,アルファベットの各26文字に対応する語が定められており,もって無線電話通信で通信文の聞き間違いを防ぐことにつながります。
同表を用いれば,外国人との通話,さらには会話がスムーズに運ぶ助けにもなります。

<欧文通話表(抄)>
A(アルファ)
B(ブラボー)
C(チャーリー)
D(デルタ)
(中略)
X(エックスレイ)
Y(ヤンキー)
Z(ズールー)

例えば,KAGAなら,「キロ アルファ ゴルフ アルファ」と発音します。

一見,スパイの暗号のようですが,よく考えたら,私が趣味でしているオーケストラの世界でも,似たようなことは行われています。
オーケストラの楽譜には,楽譜上における練習開始場所を特定するために,練習記号(又は練習番号)が付されている場合が多いです。
そして,発音の似ている

「B」「D」,「M」「N」のアルファベットは,それぞれ,

「ベートーヴェン」「ドヴォルザーク」,「モーツァルト」「ナポレオン」

のように発音され,区別されます。
もっとも,これは,オーケストラを指揮する指揮者によって,楽員に何の事前相談もなく使用されるため,欧文通話表のような万国共通のものが存在するわけではありません。

当分は,アルファベットを見る度に,この欧文通話表が私の頭の中を駆け巡ることでしょう。

【関連ウェブサイト】
総務省 電波利用ホームページ
関東総合通信局
日本無線協会

**━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所
 相続・遺言・贈与・成年後見・財産管理・見守り契約・死後事務・法人設立・契約書作成・
 海事法務・許認可申請などの各種手続に対応します。お気軽にご相談ください。
 電話:045-564-9103 E-mail:info@office-kaga.com
横浜北 遺言相続パートナーズ
 横浜市港北区・都筑区及びその周辺地域の遺言・相続手続を迅速・丁寧にサポート!
横浜北 車庫証明パートナーズ
 横浜市港北区・都筑区及びその周辺地域の車庫証明申請を迅速・丁寧にサポート!
全国小型船舶免許パートナーズ
 更新・失効再交付等の小型船舶操縦免許(ボート免許)手続を迅速・丁寧にサポート!
…━━━━━━━━━━━━━━━━━━**

〒223-0062 横浜市港北区日吉本町一丁目9番12号
行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所
TEL:045-564-9103 E-mail: info@office-kaga.com